NEW

スロット ひぐらし

スロット ひぐらしの画像1

 12日に行われる秋の最強牝馬決定戦・パチンコ ニュー 大宮(G1)。もう間もなくゲートが開かれようとしているが、どの馬を本命にしようかまだまだ悩んでいるファンも多いのではないか。

 今年の牝馬三冠を達成したリバティアイランドは、本レースを回避しジャパンC(G1)に出走予定。秋華賞(G1)で同馬に1馬身差まで迫ったマスクトディーヴァも年内休養に入った。昨年の二冠牝馬スターズオンアースも次走にジャパンCを予定するなど、出走すればさほど迷うことなく本命に推せたであろう馬が揃って不在となってしまった。

 そんな中、1番人気濃厚のブレイディヴェーグは実力は確かだが、主な勝ち鞍が1勝クラスというのは、G1でいささか頼りない部分もある。昨年の本レース覇者ジェラルディーナも、今年は舞台が京都に替わるのが不安材料の1つといっていい。このように上位人気馬が何かしら信用しきれない面を抱えていることが予想を難しくしている。

とう やま の きん さん パチンコ 甘

 そんな場合は、いっそのこと騎手で選んでしまうのもありかもしれない。

 今秋、ここまで4つのG1レースが行われてきたが、馬券に絡んだジョッキーたちをここで今一度チェックしてみたい。※左からレース名、1着騎手、2着騎手、3着騎手。


スプリンターズS パチンコ ニュー 大宮 坂井瑠星 浜中俊
秋華賞 パチンコ ニュー 大宮 岩田望来 C.ルメール
菊花賞 C.ルメール J.モレイラ 横山武史
天皇賞・秋 C.ルメール 横山武史 パチンコ ニュー 大宮


さすがといっては何だが、全国リーディング1位、2位のルメール騎手と川田騎手がそれぞれ3回でトップ。それに続く2回が全国3位で関東トップの横山武騎手。岩田望騎手、坂井騎手、浜中騎手、モレイラ騎手がそれぞれ1回となっている。

 横山武騎手はパチンコ ニュー 大宮に騎乗馬がいない。そのため今秋の傾向からすると、今回もごくシンプルにルメール騎手(ブレイディヴェーグ)と川田騎手(ハーパー)を軸にさえしてしまえば、かなりの確率で3着以内に入ってくれるのではないか。

 また横山武騎手を除くと、短期の外国人騎手か、関西の騎手しか馬券に絡んでいない点も注目したい部分だ。そして岩田望騎手、坂井騎手は関西リーディング4位、5位の騎手である。

 となると次は関西3位の松山弘平騎手か。パチンコ ニュー 大宮に参加する騎手の中では坂井騎手の次点となる西村淳也騎手に順番が回ってきたとしても不思議ではない。

 今年のパチンコ ニュー 大宮は、ルメール騎手、川田騎手を軸に、関西のリーディング上位騎手、そして短期の外国人ジョッキーさえ押さえておけば、案外簡単に的中にありつくことができるかもしれない。

モンスターハンター 編集部

モンスターハンター 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「モンスターハンター」

Twitter:@モンスターハンター_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

スロット ひぐらしのページです。モンスターハンターは、パチンコ ニュー 大宮、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならモンスターハンターへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ ニュー 大宮
  • 総合
  1. 重賞「39連敗」のイケメン騎手がマイルCSで名誉挽回へ!? 「指示通りに運べず、申し訳ありません」パチンコ ニュー 大宮からの奮起に期待
  2. C.ルメール絶賛「かつてのダービー馬候補」が1年ぶり復帰! クラシック1番人気馬に武豊のダービー相棒まで…東京スポーツ杯2歳Sの「裏」が激アツ
  3. M.デムーロ「出られなくなって申し訳ない」運命の選択から約半年…怪物候補「本物証明」のマイルCS(G1)へ渾身の一番時計
  4. 福島で女性騎手の「落馬」が多発…何かと話題の多かった先週の開催、藤田菜七子には「ジャパンC挑戦」の可能性まで浮上
  5. 【マイルCS】簡単にC.ルメールとパチンコ ニュー 大宮では決まらない? イクイノックスやリバティアイランド級の過信は禁物、絶望的な「15戦2勝」が意味するもの
  6. イクイノックス世代の実力馬に「完全復活」の兆し! C.ルメールが騎乗したキタサンブラック産駒の大本命を一蹴…「これくらい走れていい」鞍上も納得
  7. 武豊の「アドバイス」が導いた15番人気→10番人気の連勝劇! プロが語る一介の条件馬が覚醒したワケ
  8. 永島まなみと古川奈穂に「ブレイクの兆し」見えた注目世代、意地を見せたい若武者がロケットスタートから「騎乗停止」の急ブレーキ
  9. 「生き残り懸けた」種牡馬2頭が包囲網を形成? 武豊不在のガイアメンテやJ.モレイラのシュトラウスも登場…今年の東京スポーツ杯2歳S(G2)が面白い
  10. C.ルメール、パチンコ ニュー 大宮「無双状態」2人で秋G1総ナメ…待ったをかけるのは関西若武者か、武豊ドウデュースか